己など死んだって見つからないと思うので、いっそ見失ったままでいい
by benisashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
書いてる人間
40代。東京生まれ、札幌・愛知・茨城・埼玉・東京育ち。
ネイリスト(JNEC2級)
猫大好き。全員。
美容がなかったら死んでる。
筋肉少女帯大好き。
ハイストレンジネス・
チケットメンバー。
氣志團大好き。凸高5年生。
ヱヴァ大好き。
2013年からジョジョ
読み始め。
本を読むのが大好き。
酒は飲めればなんでも良い。

性格は大変ミーハー、
すぐ落ち込む。
相当に内罰的な性格。
悪癖:自己嫌悪

●当ブログの画像・本文の
無断転載を禁じます。
●連絡とりたい奇特な方
Twitterでリプライください。
以前の記事
2018年 02月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 05月
more...
カテゴリ
全体
ネイル
Make up
Skin care
King-Show
氣志團
ヱヴァ
ブライダル
美容全般
がん治療
日記

買い物
覚え書き
悲しみ
未分類
タグ
(12)
(7)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


頬紅とハイライト

最近はほとんどファンデーションを塗らなくなりました。
ゼロではないですよ。下地やコンシーラーは必須です。
歳をとるとファンデーションがヨレてシワに溜まりますんで……
基本的にとてもフォーマルな時でも、ファンデーションは
薄くしか塗りません。

ファンデーションが薄くなると、色んな肌のアラが
隠しにくくなります。そこでチークカラーとハイライトで
「血色」と「透明感」を補うことが必須だと思っているので
最近はファンデーションよりも、チークカラーや
ハイライトパウダーなどを買うことが増えてきました。

最近気に入っているのが、手頃な値段と敏腕マーケティングが
冴えているキャンメイクの二つ。
f0014088_17074363.jpg
左が「グロウフルール チークス」の#06
右が「グロウフルール ハイライター」の#02

顔の形に合致したチークカラーが好きなので
歯の噛み合わせ部分(耳の前)を起点に、
顔の側面を意識して入れています。

ハイライターは目の下の三角地帯や、目尻のくすんだ
ところに指でのせたり、あご先や眉間などにも
いろいろ使えてとても便利。
このハイライターはブルーパール系もあるんですが
かなりの青いパール!とわかりやすい色だったので
こちらのピンクパールのほうにしました。
きっと昔だったらこちらを使っていたんだろうな……
青みのあるパールってけっこう悪目立ちするので
最近は控えています。

合成繊維だけれど、付属のブラシもけっこう
使えるので便利。小さいけれど、ピンポイントに
「置く」ためなら許容範囲だと思っています。
ハイライターならポーチに入れておくと
午後のくすみ飛ばしに便利です。

「チークブラシは良いものを!!!」というのは
常識の中の常識ですが、なぜかというと
「広く淡く塗れること」が必要だからです。
もちろん肌への当たりが柔らかいことも大事ですが
A3の紙全体に色をきれいに塗りたいとき、
ボールペンではきれいに塗れません。大きなハケの
ほうがきれいに塗れます。それと同じ。

チークカラーをこの色にしたのは、中央に
柔らかいレッドが入っていたから。いつも
無難なピンクやコーラルばっかり買ってしまうもので……
絵の具のようなレッドもきれいですが、チークとして
入れるとなると相当なテクニックが必要だと
思っているので、ちょっと薄まったレッドを
選んでみるかなーと思って使ってみたら良かったのです。
※私の肌色は標準色ばかり選ばれる、ありふれたオークルです

血色と高さ、くすみ飛ばしは本当に助かる化粧です。
ついつい影でなんとかしたくなりますが
光を味方につけてなんとか老化をごまかしていきたいと思います。

[PR]
by benisashi | 2015-07-01 19:57 | Make up
<< 今日は涼しいけど 4DXで映画を観た >>