己など死んだって見つからないと思うので、いっそ見失ったままでいい
by benisashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
書いてる人間
40代。東京生まれ、札幌・愛知・茨城・埼玉・東京育ち。
ネイリスト(JNEC2級)
猫大好き。全員。
美容がなかったら死んでる。
筋肉少女帯大好き。
ハイストレンジネス・
チケットメンバー。
氣志團大好き。凸高5年生。
ヱヴァ大好き。
2013年からジョジョ
読み始め。
本を読むのが大好き。
酒は飲めればなんでも良い。

性格は大変ミーハー、
すぐ落ち込む。
相当に内罰的な性格。
悪癖:自己嫌悪

●当ブログの画像・本文の
無断転載を禁じます。
●連絡とりたい奇特な方
Twitterでリプライください。
以前の記事
2018年 02月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 05月
more...
カテゴリ
全体
ネイル
Make up
Skin care
King-Show
氣志團
ヱヴァ
ブライダル
美容全般
がん治療
日記

買い物
覚え書き
悲しみ
未分類
タグ
(12)
(7)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


一方、客席でのイイ話

C.C.レモンホールの筋少ライブで、まあわたくしは
2階席の超すみっこというすばらしい席だったわけですが
お客さんがよく見えるのでいろいろ見ておりましたよ
(ステージ見ろ自分)。

私の居た席のまわりのレディースアンドジェントルメーンは
何やらおとなしい感じの方が多く、私が一人で大騒ぎして
いてちょっと申し訳ないというか恥ずかしい感じだったのですが
(それでもダメジャンプは跳ぶ)、
私のすぐ前の列の2人連れの若い男性2名がどうしても
視界に入ってくるわけです。若いってただ印象だけ。
でもきっと20代前半。

彼らはおそらく片方が筋少ファン、片方が「つきあい」のような
ライトなノリだったのです。かなり微動だにしない感じで。
しかし私は別にそれが悪いとは思わないし
あまり気に留めてもいませんでした。

それが……。
「イワンのばか」あたりで、その動いていなかった彼が
「ウオー!」と言う雄叫びを発してこぶしを振り上げたのです!
キャー。おねいさんウレシイ!とかちょっと感激。
もちろん、もしかしたら初めてでノリが解らなかったのかも
しれないけれど、会場の皆さんと同じように気分が
盛り上がってきたことがわかって、私はとてもうれしかった。

あと、2階席でもめげずに後ろのほうから大きな声で
曲中の合いの手を入れていた素晴らしい漢の皆さん。
女声だとどーしてもパンチが利かないと思ってるので
「わぁ!ステキ!」とか思いました。

もちろん私はベテランのファンではないし、熱意は
他の方のほうが並々ならぬものがあると思うのだけど
やっぱり、みんなが盛り上がっていい雰囲気になるのを
体感できると、幸せな気分になれます。
[PR]
by benisashi | 2007-10-08 22:27 | King-Show
<< 久しぶりにドライフラワー 今でもシブコウだと信じている >>