己など死んだって見つからないと思うので、いっそ見失ったままでいい
by benisashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
書いてる人間
40代。東京生まれ、札幌・愛知・茨城・埼玉・東京育ち。
ネイリスト(JNEC2級)
猫大好き。全員。
美容がなかったら死んでる。
筋肉少女帯大好き。
ハイストレンジネス・
チケットメンバー。
氣志團大好き。凸高5年生。
ヱヴァ大好き。
2013年からジョジョ
読み始め。
本を読むのが大好き。
酒は飲めればなんでも良い。

性格は大変ミーハー、
すぐ落ち込む。
相当に内罰的な性格。
悪癖:自己嫌悪

●当ブログの画像・本文の
無断転載を禁じます。
●連絡とりたい奇特な方
Twitterでリプライください。
以前の記事
2018年 02月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 05月
more...
カテゴリ
全体
ネイル
Make up
Skin care
King-Show
氣志團
ヱヴァ
ブライダル
美容全般
がん治療
日記

買い物
覚え書き
悲しみ
未分類
タグ
(12)
(7)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル


カテゴリ:King-Show( 112 )

2013.09.07 Fumihiko Kitsutaka PresentsプロJam

「夏は終わった」などという、ただの
クソ箇条書きはちょっとおいといて。

9月7日、八王子X.Y.Z.→Aで開催の、橘高文彦さん主催
「プロJam」に参加してきました。
観にいっただけじゃないの。参加したの。参加。
前日まで吐きそうになるほど緊張していました。

「抽選に当たるかな……当たったらいいな……」と
ドキドキしながら応募したら当選。し、か、も、
ヴォーカルですよ。歌うの。人前で。ギャー!

ききき橘高さんと太田さんの激近で歌うなんて!どうしよう!
もう当選しちゃったからどうしよう!とヤカンやスリッパを
持ちながら部屋をぐるぐる回ったりして煩悶していました。

私は「星の夜のボート」のヴォーカルで応募しました。
快鳥音なんて出せないし。
セットリストは下記の通りでした。

中2病の神ドロシー
くるくる少女
少年、グリグリメガネを拾う
小さな恋のメロディ
詩人オウムの世界
イワンのばか
日本印度化計画
キノコパワー
星の夜のボート
僕の歌を総て君にやる
少女の王国
踊るダメ人間
中2病の神ドロシー
イワンのばか

橘高さんがホストなので、もう面白いったらありゃしない。
みんな飲んだり喰ったりしながらあれやこれやしながら
セッションを楽しんでいました。お友達もたくさん
参加していて、それも素敵で楽しめたのも良かった。
コピーバンドを普段からなさっている方もたくさん出演
していたので、さすがの演奏でしたよ。

で、ふとした転換やトークの間が空いたとき、
「( ・▽・)ノ橘高せんせい!イワンの間奏のときの
バンザーイ!はなぜやるようになったんですかー?」と
突然質問してみました。質問コーナーなどはないんですけど。
ZooZoo Sea根性が露呈しています。
すると橘高さんは「俺に質問してるってこと?」と
やや困惑しながらも
「再結成のときに、鏡張りの部屋で何度かリハーサルをしてて
俺がふざけぎみにジャーン!ってときに両手を挙げたの。
そしたらみんなやった」んですって。やったー!知りたかったから
うれしい~~!

肝心の私の出番ですが、まぁ爆音をバックに歌うって
あんなに大変なのか!とおののくばかりです。
大槻ケンヂさんはほんとうにすごいヴォーカリストなんだなぁ~と
あらためて敬服いたしました。
あんなでかくて華やかな音と一緒に歌うのむり!

こっぱずかしくて、あれからずっと、穴があったので
ずっと埋まっています。
当日は、はりきってダイアン・フォン・ファステンバーグの
2013SSのピンクベージュのワンピースを着ていきました。
あんまり筋少ファンっぽくない雰囲気だけど。

最後に、橘高さんと太田さんに、ずっと昔から大事にしていた
「猫のテブクロ」のスコア本に
サインをいただきました。本当に嬉しい。一生大切にします。
f0014088_192678.jpg

[PR]
by benisashi | 2013-09-19 19:27 | King-Show

ヱヴァのミカタ#1【ゲスト・オーケン】

7月15日、docomoのサービス「NOTTV」だけで配信される
ヱヴァンゲリオン新劇場版に関する番組「ヱヴァのミカタ」の
第一回が配信されました。
もー全裸待機で観たんですけど、これって録画もできないし
もちろんTVやPCに出力できないしくみになってます。

で、なんと第一回はエヴァファンを自称する「エヴァンジェリスト・男性編」として
我らが大槻ケンヂ様が登場し、エヴァの魅力や好きなところについて
熱く語ってました。

……でも、そんなにオーケンてエヴァ好きだったっけ。
劇場版「破」を観たのは知ってたけど。エヴァンゲリオンクロニクル
(ディアゴスチーニのやつ)にもエヴァ好き有名人として
1ミクロンも出てなかったけど?

それはさておき。オーケンインタビューのところだけ書き起こしてみます。

今回エヴァの魅力について語るのは、ミュージシャンの大槻ケンヂ。
クリエイターの視点から、エヴァとの出会いや熱いエヴァへの想いを
語ってもらった。


―エヴァとの出会いは
「雑誌の編集の方から、僕のやっている筋肉少女帯というバンドの
『何処へでも行ける切手』という曲に出てくる「包帯で真っ白な少女」を
モチーフにしてくれているアニメがあるよ、と言われて。
それが綾波レイだったんです。それで観たのがTVシリーズのエヴァでした」

―どうでしたか?
「いやー驚きましたね。僕の歌がレイのモチーフに使われたかは定かでは
ないけど(注釈参照)、僕らの世代だったら『あーーあーー!』と
解る内容がいっぱいでした。
何ていうのかな、リスペクトあふれるオマージュが、
クロスワードパズルみたいにね、作り上げられているんですよ。
元ネタ探しが面白くて、全てが斬新。オマージュがあるにも関わらず
それを逆手にとって新しいものになるというのがね、新鮮でしたね」

―一番好きな場面は
「劇場版『破』を観てビックリしたのが、沢田研二さん・菅原文太さん主演の
『太陽を盗んだ男』の曲が流れるんですよ。もう劇場で
ビックリしましたね。手法としてのオマージュ。
『それを使ってくるか!!!』と。僕らのような元映画少年はガーーンと
きちゃううまいこと使うなぁ、と」

―エヴァの魅力は
「エヴァを愛する人たちにとって、色々語り合える余白があるところが良いですね。
エヴァで友達になれる、仲間になれるっていう、
サロンのような面白さがあると思いますよ

以上がざっくり書き起こしてみたかんじ。
やっぱりそんなにエヴァ大好き!めっちゃ大好き!ってわけじゃないとは
思うけど、オーケン先生は「Q」も観るんじゃないかしら。
ミラノ座好きそうだし。

(注釈)
「何処へでも行ける切手」の「包帯で真っ白な少女」が綾波レイのヒントに
なったのは事実です。キャラクターデザインの貞本義行さんが
TV版のVHSシリーズの00巻(残念ながら廃盤)の中で
インタビュー映像があるのですが、ここで「筋肉少女帯の曲の『何処へでも行ける切手』
に出てくる包帯で真っ白な少女、をイメージしてキャラクターデザインをした」と
語られていましたので本当です。保証つき。

↓ランキングに参加中ですが……お役に立てましたでしょうか……
f0014088_914339.gif
[PR]
by benisashi | 2012-07-31 15:28 | King-Show

FOK46:「限定40人浅草ライブ!ついでにスカイツリーも見に行けるね!」(後編)

つづきです。
永友聖也さんは2曲演奏されたのち「オーケンさん?」と
後ろののれん(楽屋との仕切り布)に声をかけ、オーケンを呼び戻していました。
永友さんが「セッションしましょう!」と
謎のワイヤードな機器を手渡します。シンセサイザーだというその機械、
コントローラー?みたいな形でした。おもしろかったのは
永友さんが渡すとき「怖くないんで」と言って渡して
オーケンが「すごい!僕の感情を瞬時にわかって!」ってなことを
言ってたこと。
で、ピョイピョイ言わせながら永友さんの弾き語りに合わせて
セッションしていました。こちらも曲はわからなかったんですが
オーケン先生は、ものすごく懸命に演奏(画面をなぞる)していながらも
楽しそうでした。終わったあと「……何が起こったのかわかんないけど」と
ぼやいていましたが。その後永友さん退出。

「人として軸がぶれている」
「お別れの背景」
浅草の思い出などを語ったのち
「テレパシー」
「香菜、頭をよくしてあげよう」
その後アンコール。

出てくるなりオーケン「僕はお化粧直しに行かせないんです」だって。
「明日(翌日8日)、筋少動画の上映会」を控えているんだけど
「内田雄一郎さんの編集によるものなんだけど、彼の映像美がスパークしていて
途中で眠くなるんです。ヌーベルヴァーグみたい。
『うぉんびーろんぐ』のくだりが初めのほうにあるところなんか
エヴァンゲリオン感がするよ」とのこと。

・7月の11日にのほほん学校をやります。ど平日ですけど。
僕はサブカルで生きてきたので、みなさんどんだけ来るのが難しいか
皆目見当がつかないよ。なんでも、水曜日はノー残業デイとか
あるらしいじゃないスか。有給とか使ってくればいいじゃない!
……笑いながら皆さんの殺気を感じましたが……
すいませんでした。俺ぁ有給ねぇから~ライブで有給使っちゃお~
年に何回か休めるんでしょ?サブカルに有給あったっていいじゃない!

……とかなんとか、皆が皆、大企業にお勤めのようなことをおっしゃってました。

そして
「蓮華畑」
「おやすみ-END」ののち、永友さん再登場。
永友さんは三味線を習っているそうで、その先生がツンデレだとか
オーケンはもはや定番化となったボクシングのアレをやって
永友さんに「鶴田浩二スタイルの歌唱ですか?」といわれていたり。
そのあと
「あのさぁ」
「サムライ」※ジュリーの「片手にピストル~」の曲。めちゃかっこよかった。
オ「カラオケ行きたくなっちゃったなぁ。ジュリーだけ歌うカラオケ」
永「サムライは、オーケンさんのイメージなんですよ」

ということでラストは
「また逢う日まで」で締め。

セットリスト一応再掲。
やつらの足音のバラード
あなただけを
死んでゆく牛はモー
恋人よ逃げよう世界はこわれたおもちゃだから
テロルおじさん
Guru
ひまわり
FLY ME TO THE MOON
夏の少女
氷の世界
黒の舟唄

永友さん2曲
永友さんとのセッション

人として軸がぶれている
お別れの背景
テレパシー
香菜、頭をよくしてあげよう

encore
蓮華畑
おやすみーEND
あのさぁ
サムライ
また逢う日まで

以上です!脳内で色々ごちゃごちゃしてますので、苦情その他は
口頭でのみお受けいたしますのでご容赦下さい。
オーケンお衣装は、黒っぽいハットに、FOKのTシャツ、
その上に淡い水色地に濃い青の花模様?タイダイ?のようなシャツを
着て袖をまくっていました。あとジーンズ。足元は見えませんでした!
冒頭だけブロウタイプのメガネかけてたよ。キャー♪
楽譜が見づらかったのか、1曲ですぐはずしちゃってたけど。

おまけ:お客に配布された「ひまわり」の歌詞カード
f0014088_18162039.jpg


↓ランキングに参加中ですが……お役に立てましたでしょうか……
f0014088_914339.gif
[PR]
by benisashi | 2012-07-09 18:20 | King-Show

FOK46:「限定40人浅草ライブ!ついでにスカイツリーも見に行けるね!」(前編)

七夕の土曜日、浅草で開催の
「FOK46限定40人浅草ライブ!ついでにスカイツリーも見に行けるね!」
に行きました。珍しくクジ運よかった。いつものごとく
夫と二人で参りました。お客さまの女性率の高さに夫は「昔の筋少を彷彿とさせる」
と言ってたよ。私は4月のエディがゲストの回以来です
(ブログに書かなかったけど、4月は色々苦しんでいたので書きませんでした)。
浅草はうちからわりと近いっちゃ近いので、嬉々として向かったよ。

会場は浅草ROXに程近いライブハウス?のような洋服屋さんで、着席したら
茶トラのネコが走っていました。かわいい!コンクリート打ちっぱなしで
地下で、ひっそりした感じの会場。ネコちゃんのごはんも
置いてありました。

そして時間になったらオーケン登場なのですが、なぜか再度登場しなおして
いました。なぜだかわかりません。

最初から弾き語りですが、
「やつらの足音のバラード」
「あなただけを(あおい輝彦さんの曲?)」をひとしきり歌ったのち
・西武ドームでやりたいなー
・弾き語りをやりはじめて気づいたけど、自分が
アングラ・フォークの人間ってことがわかった
・こういう、こぢんまりした所でやると嫌な雰囲気になっちゃうから
一曲だけアングラをやっとかないと
ということで
「死んでゆく牛はモー」をノイズ風味で。
冒頭に「スラッシュ禅問答」の「……もっと電車よ真面目に走れー!」を
入れて、最後のほうに「リルカの葬列」の中原中也の詩を
混ぜ込んでいましたがあれはどういう意図だったのか。
私はあのノイズ風味のが好きなので、満足です。
終わると「アングラのくだりは以上です」といい
「恋人よ逃げよう世界はこわれたおもちゃだから」
「テロルおじさん」←やってくれてうれしい!大好き!電車ライブ以来!
「Guru」

そして、オーケン「フライヤーを取り出してください。1人だけに
スカイツリー展望台入場券が入っていると思いきや!歌詞カードが
入ってます」とのことで「ひまわり」の歌詞カードが。

6月29日に日本青年館でライブがあったけど、そのとき青年館は
時間に厳しくて「北極星の二人」と「ひまわり」どっちを削るかと
いうことになって「……ひまわりは、いいかぁ」と削られた結果
内田雄一郎さんの華やかなリサイタル(紙吹雪特効つき)になったとのこと。
ということで、ひまわりを全員で歌いましたが、楽しかったよ。
ギターソロのところは、オーケンが「ん~~ん~~ん~~~」って
ハミングで歌ってました。

「FLY ME TO THE MOON」を歌い終えたあと、永友聖也さん登場!
登場するなり「オーケンさん、充分アングラですよ(笑)」と言ってました。
オ「もっと"ゆず"的な、さわやかな感じでいきたいんだけどなー」
オ「黒い交際も白い交際(?)もないよ!アングラとかジャパメタとか
そんなんばっかじゃないですか。あ!ジャパメタdisっちゃった!」

とかなんとか話したあと
「夏の少女」(南こうせつさんの曲)
このとき譜面台に、オーケン手ずから歌本から持ってきた
歌詞カード?がのっていたのですが、そこの左端が手で破いてある。
それはなぜかというと、シングルのジャケ写が載っていたので
南こうせつ氏のちくび見てもしょうがないでしょう、ということで
「もぎってやったよ!」とのことでした。

オ「いいなぁ、夏の少女かぁ。『夏の熟女』もいいよね(フォロー……?)。
そういえば『熟女B』ってあったの知ってる?」とひとしきり
「夏の熟女」の話で笑いましたが、会場にいる全員がその曲を
誰も知らないという都市伝説めいた結果になってしまったところで
オーケン即興で「熟女B」を弾き語って、永友さんも即興でつくってました。

「氷の世界」をやったのですが、永友さんは陽水さんバージョンで
歌ってました。せかいぃ~↑って上げるかんじで。
永「オーケンさんがギターを始めたってきいて、ロック界には衝撃が走ったんですよ!」
オ「弾かないのは怒髪天の増子さんとあっちゃん(ニューロティカ)ぐらいだもんね。
あっちゃんが弾いたら驚天動地だよね」
オ「ある程度コードがわかるようになったら、ギターで曲作ろうと思うよ。
今まで鼻歌で曲作ってたんだもん!昨日も作ってたんだけど……
来週発表します!
(会場:「えぇ~」そりゃそうだ)
オ「でっかいホールとかで言いたいな。
『みんな!きいてくれよ!曲を作ったんだ!……来週発表します』って。
やるやる詐欺だね」
……というおかしな話ののち
「黒の舟唄」(おと~こ~とおんな~のあい~だ~には~って曲)
をやったあと、オーケン退場。永友さんのコーナーになりました。
すいません、何を演奏されたのか把握できず。ごめんなさい。

ってわけでつづく!
↓ランキングに参加中ですが……お役に立てましたでしょうか……
f0014088_914339.gif
[PR]
by benisashi | 2012-07-09 17:21 | King-Show

アカサカサカサカ

※特に細かいレポートはありません

昨日、赤坂BLITZの特撮ライブに行きました。あいもかわらず
2F席を一般発売で取って、いざ会場に行ってみると
なんと、ど真ん中の最前列という超良席で困惑!……というのも
体調があまりよろしくなく、着の身着のまま、化粧も
あまり「崩れ対策」をせず行ったものですから、なんだか
申し訳なくて(だれに?)。

私はいつものごとく夫とライブ参戦したのですが
夫をふくめる隣の方々ほとんど着席。でも前に立つ人がいないから
立ち上がるほうが危ないんですよね。実際落っこちる!と
危険を感じました。

同じ列の方々はまったりと落ち着いた観覧の仕方で
私だけがひとり踊り狂っていたので、なんだかお恥ずかしい限り。
でも立ち上がっちゃうものは仕方ない。

物販を買おうと意気込んでいたのですが、けっこう売り切れが
多くてタオル・DVD・ピースメーカーコラボTシャツしか
買えませんでした。

オーケン先生の靴がよくみえたのですが、セルリアンブルーを
ベースに黄色いストラップ、かかとがコーラルみたいな
とてもかわうぃい~靴を履いてらしたのが印象的。あれ欲しい!
衣装替えてからはシルバーっぽい靴でしたけど。

特撮ライブはしばらく予定されていないようなので、
行けて本当によかった。楽しい楽しいライブでした。
[PR]
by benisashi | 2012-01-30 17:02 | King-Show

オーケンのほほん学校(2011/12/6)前編

ど平日の雨ザーザーの中、今年最後の開催であるのほほん学校に行きました。
必死でメモったんですけど、なんだか寒くて泣きそうなので
簡単に書いてみます。もちろん厳密詳細レポじゃないので
苦情は口頭、ツイッター等でお願いします。

久々のロフトプラスワン、のほほん学校にしてはめずらしく
テーブルが設置されて、ゆったりした立ち見ゼロの空間でした。
他のイベントではだいたいテーブルがあって、居酒屋みたいになっていて
みんな飲み屋みたいになってることが多いけれど、のほほん学校では
けっこう珍しい状況でした。

・まず客入れビデオはウルトラマンA。ウルトラの父がきれいな
そり?みたいのに乗ってた。夕子がどうのこうのっていう回。
クリスマスっぽい回でしたよ。
・その後特撮のO-EASTのライブ映像をちょこっと。私はまじめに観て
ませんでした。
・オープニングSEはいつもの「ジャジャッ、ジャジャッ」っていう
アレじゃなく、ももクロちゃんの曲でした「サンタさん」って曲?あいまいです。

最初のゲストはもう固定MCのようなふぁんたさん。
特撮のDVDが出るんですが「たぶんステレオ」だそうです。
本当はオーケンはエレキギターを購入したので
猛特訓!というようなのほほん学校にしたかったそうですが、うまくできないので
「忘年会・クリスマス会」に急遽変更となったのが今回だそうです。
ヤングギターとか買ってみたけどダメだった、バンドっぽくして
ジャカーンとやろうとしたけどできなくて、バカ映像の編集に
時間を割いてしまったそうです。

「忘年会だからしびれるゲストがたくさん!」と煽りいっぱい。
で、興が乗ったのかオーケンは「ギター弾こうかなー」と着席し
弾くのかな?と思ってたらジョブズの話。
ふぁんたさん「相当Disってたらしいじゃないですかー」と。
オ「disってないよ!知らないんだよぉ!! ipadってどうして
こうしない(裏にゴムつけない)の?」とか。
・東銀座から半蔵門にマネージャーの車で移動して、下車して
ふと車の上を観たら白い物体がのっていた。何だこれは!
と、よく観るとMacだった。パソコンだよ!ジョブズからの贈り物だ!」
その時は本気で「ジョブズありがとう」と思ったそうですが、
そのMacはマネージャーさんのものがたまたまルーフの上に
のっかったまま移動して、たまたま落下せず済んだという怪現象だった
という面白いお話でした。

・フーチューブっていうヱロい動画サイトがあるらしいね~などのお話のち、
歌の時間。譜面台が倒れたり、クスクス笑いが耐えない楽しい時間ですが
「氷の世界」を歌ってました。が……「ダメダメ~~」と中止!
オーケンの笑いが止まらなくなってしまい、「ネタの雰囲気になっちゃった」
ということでした。
・2012年はデビュー24周年なので、全国24箇所で24人のアーティストと
ライブをする予定。普通にライブをやるんじゃアレだから
おしゃべり、映像、歌って……ってのほほん学校じゃん!ということです。
でも、のほほん学校とは違った、コンサートバージョンにしたいとのこと。

♪ロコ、思うままに
↑これは完奏しました
・オーケンはアルペジオも練習しているそうで、絶望少女のアルバムに
入ってるデュエット曲(すいません曲名わかりません)をきれいに弾き語って
ました。
・オーケン、久々にときめいた女性がいる!それは……
ブータン王妃!いいわあー。あれは来たなぁ!とベタ褒め。
ブータン王妃のポスターがほしいといってましたよ。
「ブータン国王はどう見ても猪木」って言ってたけど。
「内田くんのベースアンプに貼ってあるペナントを、ブータン王妃の
ポスターに替えたいなー」などとも発言。

・オーケン、ももクロちゃんのライブに行き、涙もろくなったことを痛感。
・酔うと号泣するようになった

・いま、オーケンのギター弾き語りのレパートリーは20曲ほどあるそうです。
「FLY ME TO THE MOON」に、ヱ口い歌詞をつけて歌ってます。
で、やったんだけどやっぱりまた「……まちがえちゃった」ということで中止!
「顔芸ギターでレッドカーペットみたいな番組に出られないかなー。
※顔芸ギターとは、変顔をしながら喜怒哀楽を表しつつ弾き語りをすることらしい
顔フォーク。
♪オンリー・ユー(顔バージョン)
♪タンゴ(顔バージョン)
♪死んでゆく牛はモー(顔バージョン)
↑ちなみに、会場爆笑の渦。面白かったですよ。竹中直人さんみたいでした。

・そして次のゲストは高橋竜さん!キャー!いきなり登場して握手!
オーケンはビールたくさん飲んでました。だいじょうぶなのかしら?
で、高橋竜さんのバンドでカバーした「SWEETS」を流して
全員で聴く、謎の時間(私には謎の時間に思えた。でもまったりしてて良い)
・あらためて告知。特撮のDVDが出るので店頭予約で買うと、特典として
「橘高くんのブロマイドA~Jから選べる」ではなく、CDがつきます。
その曲をこののほほん学校で初披露。「鬼墓村の手毬唄」というタイトルです。
また、流している間じゅう、竜さんはiphoneで画像撮ってました。
この曲は、映画「獄門島」と「犬神家の人々」と「悪魔の手毬唄」を
観てから聴くとベストとのこと。タイトルのとおりですね。
・この曲にあわせたMADをマネージャー氏がすごく苦労して作ったので
流すことに。そして皆さんいったん休憩!

……で、ステージの皆さんがはけて、スクリーンにうつ……らない。
ザビザビしちゃってノイズが出て。逆に怖かったですよ!
マネージャーさんのツイッターによれば「デッキの故障」ということでした。
非常に残念!観たかった。

また、終わっちゃったけどソフトバンクのCMで
「iphoneにお乗りかえの……」というナレーションは高橋竜さんが
やられていたそうです。繰り返しますがもう放映は終了しているとのこと。
で、会場がモヤンモヤンした気持ちでいっぱいになりつつ休憩。

--後半につづく!といいたいところですが、明日疲れてなければ書きます。
ではまた!---


↓ランキングに参加中ですが……お役に立てましたでしょうか……
f0014088_914339.gif
[PR]
by benisashi | 2011-12-08 18:01 | King-Show

大槻ケンヂ・アンプラグド・LIVE(池袋BlackHole)

※長いですよ。暇つぶし程度にどうぞ。

昨日、急遽チケットを譲っていただいたので
池袋BlackHoleで開催のオーケン先生のアンプラグドライブに行きました。
チケットがA-1X番という良い番号だったので、ほとんど最前列で
見ることができてラッキー。しーたんありがとう♪
必死にメモをとりましたが、暗がりだった上にちょっと酒が
入りすぎてしまったのでグダグダレポートです。ご容赦下さい。
苦情は口頭で直接お申し出下さい。

この夜のオーケン様は黒いシャツ・VネックTシャツに
ストロー素材のハットで超カッコイイ。いつもカッコいいけど。
で、登場するなり「ご老人はなぜ川の様子を見に行ったり
田んぼの様子を見に行ったりするのか」というお話から。
「川の様子は見に行くな!」って曲作ろうかな~とも言ってました。
で、濁流の表現は橘高さんの32小節のギターソロでやってもらう、と。

続いて8月末に出演した亀戸ハードコアでのライブについて。
「やった時間が短かったんだけど、チケットがけっこうお高かったんでしょ?
後から聴いてもっとちゃんとやればよかった!って思った。
ということで今日はいつもよりちょっと大目にしております」

そして演奏。
○タンゴ
○あのさぁ
「人のいるとこでギター弾くの楽しいですね」とご機嫌だった模様です。
ピックはホルダーに4枚さしてありました。

28日にミニミニのほほん学校をやるから、ネタなくなっちゃうんで
あんまり話せないんだけど、と前置きして
9/9に開催された氣志團との対バンのことについて。
氣志團と対バンするから、事前に神聖かまってちゃんとの対バンは
観に行ったそうです。
オーケンはとにかく
「氣志團はすごいね!面白いし。微熱DANJIさんのコントも面白かったし。
微熱DANJIさんが橘高くんの人形を作ってたでしょ? 客席で
小さな笑いが起きてたけど。あれ物販で売りたいな~。神聖かまってちゃんの時は、
の子君人形だったんだよ。」
「氣志團さんのステージはすごく勉強になったなぁ。筋少は
お客の自由に任せてるけど、綾小路翔さんはカールスモーキー石井さんに
似た感じで、お客さんの動きやステージを完全にコントロールしてるから……
俺にはムリだな。
「綾小路翔さんは僕のオールナイトニッポンとかセニョールセニョリータまで
聴いててくれて嬉しかった。誰も知らない番組だよ! 」

で、うらばなし。
オーケンは神聖かまってちゃんの、の子君に観においで、というような
メールを送っていて、の子君は観に来たけど楽屋に入れない! 電車に
乗るの失敗した!とかで、AXのスタッフの人に「今日はいっぱいで入れません」と
言われたらしいけど、なんとかバックステージに入れた時には
筋少は既に演奏を終えたあとだったということで、オーケンはその時に
の子君にたい焼きをあげ、自分も一緒に食べたんだそうです。

「たい焼き食ったら歌えないよ!口の中の水分が全部吸いとられて
デスメタルみたいな声しか出ないんだから!」

氣志團との打ち上げも、とっても楽しかったんだそうです。
「綾小路翔さんは本当に面白いや。内田君も一緒に居たんだけど
俺らなんて練馬・中野のオタクじゃん?
木更津……内房?だっけ
(ここでオーケン先生は岸和田と言い間違えていました)。
とある内房出身の先輩ミュージシャンに翔やんが銀座に呼び出されて
飲んで、飲むたびに『外房には負けるなよ!!!』と言われるんだって」
「俺らも『阿佐ヶ谷には負けるな!』とか言ったほうがいいのかなぁ? 」
池袋だったら「サンシャインには負けんなよ! 」「水族館が何だ! 」

オーケンは、綾小路翔さんを見習って社交的になろうと思ったそうです。

そして弾き語り。チューニングしてました。自分で
「オーケンがチューニングしてるぞ!」と言ってましたけど。
で、親族の披露宴とか法事とかにパッと出て歌ったりしたいそうです。
「虫だ~、ま~た虫だ~~~~」って。で、「ケンヂは呼ぶな!」と
親族中に知れ渡る、というようなホラ話をしていました。

続いて歌。
○SIGN(池の上陽水さんの楽曲)
○よろこびとカラスミ(同上)

そして「大槻一族の法事に来た体(テイ)で」
○人間のバラード
○死んでゆく牛はモー
↑このラストでジャガジャガやって
「いつもより多くかき鳴らしております」と言ってました。でもカッコイイ。
********
続いてフリークスのふぁんたさん登場。オーケンを「兄貴」って
呼ぶ方です。

21日の台風の日、オーケン様はまだ採用されるか決まっていないけれど
とある歌詞を書いていたとの話、「ギター一本で歌ってる人ってすごいけど
飽きるよね」とか(ここで大物数名の名が……)。

色々話してたけど疲れてきたので割愛。くわしくて優良なレポは他のところでどぞ!

ギターの先生はオーケンに「どんな風にギターをやりたいか」と
たずねるので、オーケンは「簡単なストロークの弾き語りをやりたいです」
と回答したところ、ボサノバを習ったそうで
なんと「FLY ME TO THE MOON」!!!ボサノバ・バージョンですけど。
※私はこの曲が大好きなので(エヴァファンだから)めちゃくちゃ
嬉しかったです。
歌い終わったあと「モテギターーー!」と叫んでました。
******
続いて曲は
○コヨーテ
○蓮華畑
ロリータ18号のマサヨさんをお迎えして
○ぼくの好きな先生(RCサクセション)
*******
マサヨさんソロで
○生活
*******
そしてトーク。なんだかつかれてきたのでいつもの箇条書きにします。
・ヌイグルマーは難しい
・NARASAKIさんの曲だから難しい→ナッキーが悪いんだ!
*******
○テレパシー
○ロコ!思うままに
○お別れの背景
○香奈、頭をよくしてあげよう←入り、間違えて照れ笑いしていた
***アンコール***
○ノゾミ・カナエ・タマエ
○Guru

で、最後にふぁんたさんとマサヨさんが再登場して
「変なアルフィーみたいだよね」とか言いながら「センターは誰だ」とか
「AKBのじゃんけんは、もっとインディーズAKBみたいな人を
センターにしてあげればいいのにね!」などといろんな雑談をしつつ……
「最後なのに人の曲で」と楽しそうに
○BABY BABY(銀杏BOYZ)
で、おわり。笑いの絶えないいつものアンプラグドライブでした。
抜け落ちてるところは多々ありますので我慢してください。
[PR]
by benisashi | 2011-09-23 18:19 | King-Show

Tシャツ

アクセス解析を見るのは楽しいのですが、
ここ数日「氣志團 筋少」「氣志團 筋少 Tシャツ」等の検索ワードで
こちらにお越しいただいておりますがあいにくTシャツの画像は
のっけておりません。
その為「バカヤロー画像載せろ!」と苦情のメールは一通も来ていないので
今頃になって画像を載せてみます。お詫びして掲載いたします。
大変申し訳ございませんでした。

f0014088_22573917.jpg

うしろ
f0014088_2257586.jpg

イラストは丸尾末広先生によるものです!スゲー。

さて、この日本語たっぷりのTシャツ……今後の課題は
「ライブ以外にどこへ着ていくか」だ。
翔やんのブログにきちんと載ってるんだけどね……。



↓ランキングに参加中ですが……お役に立てましたでしょうか……
f0014088_914339.gif
[PR]
by benisashi | 2011-09-13 23:00 | King-Show

KIKIKIKIKIKI

珍しく新鮮なうちに。

昨日は渋谷AXで開催の
「氣志團presents 極東ROCK'N'ROLL HIGH SCHOOL」に行きました。
氣志團と筋肉少女帯の対バン。すごく楽しみで、前日から緊張しちゃって
気持ち悪くなっちゃったくらい。
今回は夫のお友達にチケットをお願いしたら、眼球が飛び出て落ちてしまいそうな
良番で、開場した直後もドキドキして過呼吸になりかけていました
(KISHI-7x番)。

氣志團×筋肉少女帯コラボTシャツ(丸尾末広先生デザイン)
は無事に買えて、買えたとき
「ヤッター! 」と叫んだら物販のお嬢さんがビクッとしてしまい
夫に「突然大声を出さないように」としかられた。それくらい
嬉しかったんだよ。

今までだいたい2階席を取っていたので、スタンディングフロアでしかも
前のほうはすごく久しぶり。しかも開演したら人の波でセンターに流れてっちゃった。
おいちゃんの銀歯や橘高さんの汗、オーケンの飛び散るツバ、うっちーの目など
見えまくりじゃないか!と興奮しまくりでした。
(ちなみに夫は安全な柵の手前に固定)

氣志團にチェンジしたら一応下がったんですが、ものすごい完成度と
お客さんの統一感とかびっくりしまくり~
予習をちょっとしていたので、とても楽しい時間でした。氣志團の
ラストの曲がばちかぶりの「オンリー・ユー」だったので鳥肌鳥肌。
私はこの曲が大好きで、特に思い入れも強い曲なのです。

筋少セットリストはたしかこんな感じでしたが、ほかの方のほうが確実だと思うよ。
イワンのばか
心の折れたエンジェル
ワインライダー・フォーエバー
じーさんはいい塩梅
人間嫌いの歌
バトル野郎~100万人の兄貴~
ぼくの宗教へようこそ
踊るダメ人間
釈迦
(氣志團とのセッション)日本印度化計画

綾小路翔さんは本当に筋肉少女帯を愛していることがひしひしと伝わってきて
なんだかちょっと涙ぐんじゃった。
こんなに興奮の渦に巻き込まれて、しかもまだ冷めやらないなんて自分でも驚き。

ライブ後はKISSES(氣志團ファンのお二人)とザボーガーズ(2011年の
筋肉少女帯ファンの呼び名:非公認)の我々でごはん。
お互いのバンドを解説したりしてもらったりと楽しさ倍増。
あんなライブがまたあったらいいね。
[PR]
by benisashi | 2011-09-10 17:43 | King-Show

賦活作用ライブ

昨日は赤坂BLITZで筋肉少女帯ライブでした。
今回は再結成後の曲を中心に、ということでしかもDVDになる日。
私は相も変わらず2階席。

今回は震災のお祝いしないムードのせいか、お花がなかった!
写真撮りたかったのに!それとも、どこかにあったのかしら。

物販ではピンクTシャツと「内田雄一郎の匠の技による缶バッジ」が
売られていたので2種類購入。3種類あったけど。
うっちーのステッカーも売られていてなんだか楽しい物販ブースでした。
これが缶バッジ。
f0014088_1417710.jpg


ライブは今年初の筋少ライブ参戦だったので、フルパワー炸裂で
楽しめました。あぁ楽しかった。
「イワンのばか」で、オーディエンスがヘドバンをしている部分で、2回とも
エディがあおむけに寝ていたのが面白く、いつもチャーミングなエディでした。
ちなみに夫が教えてくれるまで気づきませんでした。

今日は体調のことも考えて、いかない予定です。寝ます。
[PR]
by benisashi | 2011-05-29 14:22 | King-Show